特定非営利活動法人 ITC近畿会

 ITコーディネータ 尾上康之氏が「中小企業とバランス・スコアカード」と題して、5回シリーズで連載していきます。

ITコーディネータ 尾上康之氏

尾上康之氏写真

連載内容

  • 第1回 バランス・スコアカードのすばらしさ
  • 第2回 バランス・スコアカード導入の試行錯誤
  • 第3回 中小企業導入の肝
  • 第4回 いよいよバランス・スコアカードの構築
  • 第5回 経営革新支援の3点セット

第5回 経営革新支援の3点セット

印刷用ページ

4.BSC構築支援ツール

 BSCを構築する際に、経営者や社員から意見を出してもらい、その意見を発展させて戦略や、重要成功要因などを確定していくことが多い。
意見を出したり、集約するためのツールを、いろいろ工夫すると、BSC構築をシステマティックに進めていくことが出来ることがわかった。

第4回 いよいよバランス・スコアカードの構築

印刷用ページ

ウ.テンプレート方式(レベル2企業向け)

 4つの視点における戦略目標の設定は、なかなか決断しにくい場合がある。その際、「図表7 戦略目標のテンプレート」を参考にして、その企業の目指す戦略目標をつくっていくと、安心感をもって円滑に構築できた。

第3回 中小企業導入の肝

印刷用ページ

(4)BSCの構築手順

ア.BSC構築の基本パターン(レベル3企業向け)

 経営理念が明確になり、顧客のイメージが把握できてくると、いよいよBSCの構築段階になる。構築手順としての基本パターンは図表3のとおりである。

第2回 バランス・スコアカード導入の試行錯誤

印刷用ページ

  
3.導入プロセス
 中小企業へのBSC導入にあたって、戦略目標の設定からはじめようとしたが、そこで暗礁に乗り上げるケースが出てきた。経営理念、経営戦略、ビジョン、目標、アクションプランという概念が共有されておらず、今、何をしようとしていのか、何に向かって討議しているのかが不明確になった。ここで感じたのは、BSCを理解してもらえる土壌が、その企業にどの程度あるのか、即ち経営成熟度がどの程度であるかを知らないと、検討の方向が見えないということであった。

第1回 バランス・スコアカードのすばらしさ

印刷用ページ
  1.はじめに
 バランス・スコアカード(以下BSC)という概念を初めて聞いたのは、ITコーディネータの専門知識研修であり、体系的に良くまとまっているマネジメント・システムであると感じた。更に詳しく知りたいと思い、知識ポイント取得のための研修で、BSC研究の第一人者でおられる横浜国立大学 吉川武男教授の8時間にわたるBSC概説とBSC実践の講義をそれぞれ受講して、ますますその感を強くした。