特定非営利活動法人 ITC近畿会

理事長挨拶

特定非営利活動法人ITC近畿会
理事長 松下永昌

特定非営利活動法人ITC近畿会 理事長 松下永昌

本年平成26年6月7日(土)の総会にて、特定非営利活動法人ITC近畿会理事長に、新理事による互選により選任されました。

ITC近畿会は、特定非営利活動法人に衣替えして4年が経過しました。

総会では、新体制の提案をさせていただきました。事業活動の活発化のため「広報・事業委員会」を二つに分け、「広報委員会」は「HP委員会」の広報部分を取り込んで積極的な広報活動に力を発揮していただき、「事業委員会」はより多様な事業への対応を期待しています。「HP委員会」はHPを制作・整備する役割を終えたため解体します。ただし、HPの維持活動は「事務局」に引き継ぎをお願いしています。「支援委員会」は、会員のポイント取得のためだけのセミナーから、独立系ITCへは中小企業支援に必要な知識・技術の向上を目指し、企業内ITCへは最新技術動向・習得を目指せる気づきのセミナーの実施に努めて参ります。

ここ2年間では、事業活動として、ITコーディネータ協会の新ケース研修制度「ITコーディネータ資格認定用ケース研修」の実施機関とし応募し、ケース研修を2012年度第1回より週末・平日合わせて延7回の開催を受託しています。今年度も第1期週末・平日のケース研修開催を無事に終えています。今後も積極的に新ケース研修の開催を行っていく所存であります。また、今年からITC近畿会独自の独立系ITCへ向けた中小企業支援の現場で役立つ「ブラッシュアップ研修」を開催しますのでご期待ください。

今年は、地域の中小企業にもっと広くITコーディネータを知ってもらうための活動である『IT経営カンファレンスin近畿』(仮題)を、開催するための準備をしております。ITC近畿会オリジナルな企画として、ITC近畿会の独立系ITCと中小企業様との出会いの場を積極的に創っていきたいと考えています。

ITC近畿会が、特定非営利活動法人としての活動を通して、会員の皆様にとってより有意義な存在になりますよう、一層の努力をする所存であります。理事・監事を始め会員の皆様方の益々のご支援・ご協力をよろしくお願い申し上げます。

以上