<![CDATA[ITC近畿会 - セミナー案内]]>Thu, 06 Dec 2018 14:56:02 +0900Weebly<![CDATA[IT経営カンファランス2018 in 近畿]]>Wed, 05 Dec 2018 13:57:50 GMThttp://itckinki.jp/seminar/it2018-in
画像
画像
プログラム
 受付開始 12:30~ 開会 13:00
 1.基調講演
    DX(デジタルトランスフォーメーション)時代の中小企業のIT経営
 2.事例発表講演
    100年、200年 愛される企業へ 顧客情報の戦略的活用で世界に・・・
 3
.講演:AI時代のカスタマーリレーションマネジメント
 4.
講演:企業間連携(EDI)の新たなる潮流~デジタルで繋がる 早い!、便利!~
​ 
5.講演:ITを経営の力とするポイント
画像
画像
参加申し込みフォームは、グループ・イベント管理サービスのPeatixで作成されています。
Peatixについてくわしくお知りになりたい方は、左のロゴをクリックしてください。


画像
ソフトバンク(株)
テクノロジーユニットIT統括
​浅井 治 氏
基調講演:
DX(デジタルトランスフォーメーション)時代の中小企業のIT経営
第4の波、デジタルトランスフォーメーションを乗り越えるための心構え、イノベーション、人材、中小企業の武器を活かして、気付きから行動へ
【講師プロフィール】
ソフトバンク株式会社 テクノロジーユニットIT統括 ITサービス開発本部
ITコーディネータとして多くの中小企業の経営改革を指導
特定非営利活動法人ITコーディネータ協会ITコーディネータ教育コース開発リーダ

画像
株式会社HEAVEN Japan
​代表    松田 崇 氏
画像
​税理士、NPO法人ITC近畿会監事 堤 裕司 氏
クラウド活用 事例発表講演:
100年、200年、愛される企業へ

顧客情報の戦略的な活用で、世界に商品・サービスを提供する仕組み(グローバル・オムニチャネルの)実現へ、クラウドサービス活用

講演:​
​AI時代のカスタマーリレーションマネジメント
~カスタマーリレーションマネジメント最前線~
AI活用が大きく取り上げられる中で、今中小企業が取り組めることは何か、活用事例から学ぶCRMとAIの使い方
(株)セールスフォース・ドットコム
    関西支社 第四営業部 部長 (中小企業診断士)
    西村 昌雄 氏

画像
株式会社エクス
代表取締役社長 (ITコーディネータ)
 抱 厚志 氏
講演:企業間連携(EDI)の新たなる潮流
        ~2024年問題と国連CEFACT~
世界標準共通EDIや金融決済システムとの連携を実現する
 「中小企業共通EDI」の役割や今後の方向
​~デジタルで繋がる 早い!、便利!、~

画像
特定非営利活動法人
ITコーディネータ協会
会長 澁谷 裕以 氏
講演:​ITを経営の力とするポイント
 最近AIを始めとして何かとんでもない新しい技術が登場して、社会や人類の生活を想像もできないものに変えていくのではないかという風潮がある。しかしそもそもITを真に経営の力として十分に活用できている会社は残念ながら極めて少ない。
 それはどこに問題が有るのか?新しい潮流に振り回されるのではなく、ITを経営の力として活かすためには、どういうポイントが有るのかについて、ユーザー企業での40年のシステム屋経験を踏まえて私の考えをお話しさせていただきます。

主催: 特定非営利活動法人 ITC近畿会
共催: 特定非営利活動法人 ITコーディネータ協会
後援: 経済産業省 近畿経済産業局、一般財団法人 関西情報センター、尼崎商工会議所、尼崎商工会議所サムライ研究会

画像
画像
参加申し込みフォームは、グループ・イベント管理サービスのPeatixで作成されています。
Peatixについてくわしくお知りになりたい方は、左のロゴをクリックしてください。

会場のご案内
住所 : 〒660-0881 尼崎市昭和通 3-96
最寄駅 : 阪神電車・尼崎駅より徒歩3分
大阪方面からは・・・
阪神電車梅田駅より特急乗車で尼崎駅(次の駅)下車(約7分)
神戸方面からは・・・
阪神電車三宮駅より梅田行き特急乗車で尼崎駅下車(約20分)
駐車場 : 立体駐車場(60台収容可能)
[1時間 200円(6時30分~23時30分 最大700円)]

]]>
<![CDATA[リスクを知って収益アップにつなげるSNS戦略セミナー]]>Mon, 29 Oct 2018 22:14:34 GMThttp://itckinki.jp/seminar/sns中小企業庁委託、ITC近畿会後援
人権啓発活動支援事業「情報モラル啓発事業」

「リスクを知って収益アップにつなげるSNS戦略セミナー」開催のお知らせ

・知らないでは済まされない!SNSの炎上リスクと予防!
・SNSを戦略的に使い、時短・業績アップへ!
・ベンチャーや中小企業がコストをかけずにできる広報!
・組織の情報モラル・人権教育を行いたい担当者必見!
   
◇日 時:平成30年11月28日(水) 13:30 - 16:30(受付12:30~)

◇場 所:第二吉本ビルディング貸会議室【AB会議室】
(大阪市北区梅田2丁目2番2号 ヒルトンプラザ ウエスト・オフィスタワー8階)

◇参 加 料:無 料

◇定 員:50名

◇対 象:中小企業の実務担当者層、個人事業主の方々
※上記以外にも、経営者、情報を取り扱う方、一般の方も含め、
幅広くご参加いただけます。

◇主 催:中小企業庁、近畿経済産業局、
公益財団法人ハイパーネットワーク社会研究所

◇後 援:法務省、一般財団法人関西情報センター、 大阪府、 大阪市、公益社団法人関西経済連合会、 大阪府商工会議所連合会、
  大阪商工会議所、近畿電子部品卸商組合、特定非営利活動法人ITC近畿会、一般社団法人ITC-Labo.、
            公益財団法人大阪産業振興機構、大阪府商工会連合会、大阪府中小企業団体中央会、(独)情報処理推進機構、
           (特非)日本ネットワークセキュリティ協会、一般財団法人インターネット協会、 一般財団法人日本情報経済社会推進協会、
            日本商工会議所、(特非)ITコーディネータ協会、公益財団法人人権教育啓発推進センター、
            ISACA東京支部、ISACA大阪支部、ISACA名古屋支部、ISACA福岡支部     以上予定

◇セミナーの詳細・お申込先: https://www.j-moral.org/osaka

※ITコーディネータ資格者には、3時間分のポイントを付与します。


【プログラム】
13:30-13:35 主催者挨拶

13:35-14:05 講演1「組織に求められる情報モラルの考え方と行動」
講師:渡辺 律子 氏
(公益財団法人ハイパーネットワーク社会研究所 副所長)

14:05-15:15 講演2「ネットの人権侵害・SNS の炎上と利活用~被害体験を通して~」
講師:スマイリーキクチ 氏

  15:15-16:20  グループワーク「失敗しないためのSNS戦略」
講師:公益財団法人ハイパーネットワーク社会研究所
主任研究員 原田 美織
コメンテーター:スマイリーキクチ 氏

  16:20-16:30 質疑応答

※以上が予定となります。
プログラム構成は若干の変更の可能性がございます。
予めご了承ください。
   
【セミナーのお申し込み方法について】
・ウェブサイト(https://www.j-moral.org/osaka)
・メール(osaka@hyper.or.jp)
・FAX(097‐537‐8820)

※メールでお申込みの際は、下記8項目をご記入ください。
1. 会社名(フリガナ)
2. 所属・役職
3. 氏名(フリガナ)
4. 地域(お住いの都道府県と市区町村等)
5. 連絡先(メール・電話)
6. 本セミナーを知ったきっかけ(該当する番号を回答ください)
(1. メールやメールマガジン 2.チラシ 3.会報 4.ウェブサイト 5.メディア 6.SNS〔TwitterやFacebook等〕7.DM 8.知人からの紹介〔団体名: 〕 9.その他〔 〕)
7.情報モラルに関する情報をメールにてお届けしてもよいですか?
(希望する・希望しない)
8.ITコーディネータ資格をお持ちですか?
(はい・いいえ)

※なお、収集した個人情報は責任を持って安全に管理し、
本研究所の実施する活動のみに使用させていただきます。
ご不明な点、個人情報に関する開示・訂正・苦情が
ありましたら、下記お問い合わせ先までお願いします。

■■お問い合せ先■■
公益財団法人ハイパーネットワーク社会研究所 担当:原田、菊池
  TEL :097‐537‐8180 FAX :097‐537‐8820
  メール:moral@hyper.or.jp      WEB:http://www.hyper.or.jp/

]]>
<![CDATA[受講生募集開始ケース研修第二期平日コース]]>Fri, 14 Sep 2018 15:00:00 GMThttp://itckinki.jp/seminar/4611086この研修の募集は終了しています。
IT経営ケース研修受講生募集開始
情報社会でますます活躍を期待されるITコーディネータの資格取得ケース研修 の受講生募集を開始しました。NPO法人ITC近畿会は「近畿をIT経営で元気に!」
と活動している近畿で最大のITコーディネータ組織で、開催するケース研修は毎回大変好評をいただいてい ます。
(尚ITコーディネータは経済産業省推奨資格です。)
ケース研修は年度内で2回開催しますが今回は今年度2回目(第二期の)開催 になります。
近畿会では平日コース(下記6日間)を開催予定です。

「コース名と開催日時、場所、受講料」
 コース名:大阪 平日 2-1コース
  開催日程:11月6日(火)、20日(火)、21日(水)
       12月4日(火)、 5日 (水)、18日(火)の6日間
  時間:9:30~18:00 1時間昼休憩あり、その他にeラーニングによる学習有り
  場所:大阪私学教育会館 http://www.osaka-shigaku.gr.jp/kaikan/index.html
    受講料:21万6千円(消費税1万6千円込)
    ただし、IT経営体感ケース研修」の修了者は19万4千4百円(消費税込)

「申し込み」受講申込:9月3日より10月15日(金)17時まで  
    http://www.itc.or.jp/authorize/training/ 

 募集要項というページで、「申し込みはこちら」というバナーをクリックしてケース研修要項というページに移動します。ケース研修開催機関の一覧が表示されるコースナンバー17番が当会のコース案内です。
右側の申し込みボタンを押して、申し込みをしてください。

ITベンダーの営業、SEの皆様、ユーザ企業のCIO、情シスの皆様、士業の皆様に大変に好評な研修です。

 ※ITC+のご登録が必要です。

皆様のお申し込みをお待ちしています!
 本件問い合わせ先 case@itckinki.jp 生田へお願いします。
]]>
<![CDATA[イノベーションセミナーBMC(基礎)9月22日]]>Sun, 01 Jul 2018 15:00:00 GMThttp://itckinki.jp/seminar/bmc922このセミナーは終了しています。

「イノベーションを起こす!ビジネスモデル・キャンバス(基礎編)」セミナー開催のご案内 フォローアップ研修ですが一般の人も受講できます!
イノベーションセミナ ビジネスモデルキャンバスは本格的にイノベーションを研究習得しようという好評のセミナーです。知識で終わらせず実践力を習得できます。

AIの利活用においても新しい価値の発見、提案が最重要課題、イノベーション研修はとても有益な研修です。

ビジネスモデル・キャンバスは、大手企業ではグループ全体で、中小企業・小規模事業者にとっても、創業や経営革新、事業承継、事業再生といったさまざまなイノベーション創出を促進する場での活用や、公的機関でのセミナーや窓口相談での活用が急速に進んできており、「知っている」「少し使ったことがある」といったステージから「日常的に使いこなしている」「活用してボコボコと新規事業を創出している」といった”ビジネスを創る”ステージへと移行してきています。

ITコーディネータにとっても、企業内の方は自社で、独立ITCの方は中小企業支援の場で活用する場面が増えてきておられるのではないでしょうか。

現在、ビジネスモデル・キャンバスの活用方法としては、分析ツールやチェックリストとして活用する方法が広がっています。

しかし、この方法はビジネスモデル・キャンバス活用の入口にすぎず、他にもさまざまな活用方法があります。

本研修では、ビジネスを「創る」視点に着目して、初学者向けの基本的な使い方から上級者向けの”ビジネスを創る”ための実践的なプロセスまでをワークショップ形式で身につけていただきます。

また、創業や経営革新、事業承継、再生といった局面での中小企業支援での活用方法や、オープンイノベーションの場でのビジネスモデル・キャンバスの活用方法など、すぐに活用できる実践的な方法や事例もご紹介し、今後のビジネスモデル開発やクライアントの支援にお役立ていただくことを目的としています。
「ビジネスモデル・キャンバス」に初めて触れる方も、ある程度使ったことがある方も、本講座できっと新たな活用方法が見つかるはずです。

なお、本研修はITコーディネータのフォローアップ研修として開催いたしますが、ITC近畿会のイノベーション研修としても位置づけており、ITコーディネータ以外の方も受講可能な講座となっています。

企業内ITCの方は自社での導入・活用のきっかけとして、また独立ITCの方は中小企業支援の実践的な活用方法の習得の場として、あるいはクライアント企業様へのBMC導入セミナーとして、ぜひご受講ください。

★講師紹介★ 伏見 明浩 氏
NPO法人ITC近畿会事業委員、ITコーディネータ、中小企業診断士、会計修士(専門職)、BMIA認定コンサルタント。元大手メーカーの機械設計エンジニア。退職後、大学院進学を経てオフィスビズラボ®開業。専門は、中小企業・小規模事業者のイノベーション支援、IT利活用支援、資金繰り改善支援。

♦内容◆
(1)講師自己紹介 セミナーの進め方 参加者自己紹介
(2)ビジネスモデル・イノベーションの必要性
(3)ビジネスモデルキャンバス(解説)
          休憩
(4)ビジネスモデル・キャンバス・ワークショップ
   ・さまざまな事例企業のビジネスモデル
   ・ビジネスを「創る」ビジネスモデル・デザインワーク
(5)ビジネスモデル・キャンバスを活用したビジネスを「創る」中小企業支援に向けて


♦日時:2018年9月22日(土)10時~17時
♦場所:尼崎商工会議所 402会議室

     〒660-0881 尼崎市昭和通3丁目96番地 
     
https://www.amacci.or.jp/
  阪神尼崎駅より徒歩3分です。大阪駅、梅田駅から阪神電車7分です。
♦受講料
 ①一般 32,400円 (受講料30,000円+消費税)
 ②ITコーディネータで近畿会会員以外 32,400円 (受講料30,000円+消費税) 
   ③ITコーディネータで近畿会会員 29,160円 (受講料27,000+消費税)
 受講料と消費税の支払いはNPO法人ITC近畿会より請求書を発行いたしますので指定期日までに指定口座にお振込みをお願いします。

♦申込期限:2018年9月20日(木)
♦主催  :特定非営利活動法人ITC近畿会
◆お申込み方法
 ①一般 近畿会HP下記よりお申し込みください。

 ②ITコーディネータの方(近畿会会員、近畿会会員以外共に)
  下記ITコーディネータ協会HPよりお申し込みください。
          
 https://www.itc.or.jp/foritc/seminar/post_20170283.html
♦HPから申込が出来なかった場合、以下までご連絡下さい
 
メールアドレス QZR04367@nifty.ne.jp 担当:加藤
]]>
<![CDATA[第1回:ITC近畿会セミナー <2018年08月04日(土)>]]>Sun, 01 Jul 2018 15:00:00 GMThttp://itckinki.jp/seminar/1itc-20180804本年度もIPA 社会基盤センター 殿のご協力を得て、「IPA活動報告セミナー」開催の運びとなりました。
今回はIPA昨年度の研究活動の中から以下の2テーマをお聞き頂きます
 1. AI社会実装課題調査報告   ~AI時代に経営者は何を考えるべきか~
 2. IoT時代のシステム開発アプローチ   ~事例に学ぶシステムズエンジニアリング~
会員各位の支援活動にお役立て頂けたらと思います。
行事名ITC近畿会2018年度第1回セミナー「IPA活動報告セミナー」

主催者

特定非営利活動法人 ITC近畿会

後援

特定非営利活動法人 ITコーディネータ協会(予定)

対象者
および 定員

ITコーディネータ資格者、IT経営に関心のある方
定員  30名

セミナー内容

【講演1】 13:30~15:00
AI社会実装課題調査報告 ~AI時代に経営者は何を考えるべきか~

昨今、AIに対する期待が高まっており、自動運転やスマートホームなど海外での普及も
進んでいます。一方、日々AIに関するニュースが耳に入ってもなかなか自社、或いは支
援先どのように展開すれば良いのか判らないと感じている方も多いと思います。

IPAは、AIの社会実装にあたって、産学官の有識者からなるAI社会実装推進委
員会を設置し、何が障害になっているかすなわち社会実装課題の抽出と、推進のための方向
性をまとめました。

講演では、AI社会実装課題調査で明らかになった課題とそれを解決するための方
向性について紹介します。また、関連知識として、AIとは何か、AIを自らの仕事に取り
込むためのヒントといった話題も織り交ぜてお話します。

「AI社会実装課題の調査と対策の方向性に関する報告書を公開」

 https://www.ipa.go.jp/sec/reports/20180619.html

講師:IPA 社会基盤センター 研究員 岩政 幹人 様

【講演2】 15:15~16:45
IoT時代のシステム開発アプローチ ~事例に学ぶシステムズエンジニアリング~

IoTの広がり等、現在では、様々な機器を含むシステムが複雑に相互接続され、これまで
想定していなかった問題が発生するリスクが高まっています。そのような状況におい
て複雑なシステム開発を成功させるには、システムが使用される状況や利用者の関心事など
を分析し、広い視野に立った目的指向、全体俯瞰を追求することが重要です。

このような環境に対応するために、システム開発のパラダイムシフトとして注目を集めて
いるのが、「システムズエンジニアリング」です。
IPAでは、ソフトウェア高信頼化推進活動の一環として、システムズエンジニアリングの
普及推進の活動を行っています。本講演では以下の2つの報告書の紹介を通して、目的指向
と全体俯瞰、多様な専門分野の統合など、システムズエンジニアリングの特徴的アプローチ
を解説します。

「成功事例に学ぶシステムズエンジニアリング」
https://www.ipa.go.jp/sec/reports/20180315.html

「システムズエンジニアリング導入実施の一事例」
https://www.ipa.go.jp/sec/reports/20180301.html

講師 IPA 社会基盤センター 主任研究員 端山 毅 様

開催日時

2018年08月04日(土) 13:30~17:00

場所

◆会場: 大阪市立総合生涯学習センター・第3研修室
◆住所: 〒530-0001 大阪市北区梅田1-2-2-500 大阪駅前第2ビル5階
◆ 電車でお越しの方へ 
【地下鉄】御堂筋線・梅田/四つ橋線・西梅田/谷町線・東梅田
【JR】大阪駅/東西線・北新地駅
【私鉄】阪神電車・梅田/阪急電車・梅田

◆案内地図:http://osakademanabu.com/umeda/access

参加費

ITC近畿会会員 2,000円
相互団体会員       3,000円
その他ITC       4,000円

※ITコーディネータには「受講票」を発行します。

お申込み方法

【ITC近畿会 会員の場合】
     ログイン後、以下のURLより申し込み

https://itckinki.jp/staticpages/index.php/20180804_1stsemi_m

【会員以外の方: 相互協賛団体会員、一般(ユーザ)の方の場合】

https://itckinki.jp/staticpages/index.php/20180804a_1stsemi_g

【ITC近畿会ホームページのから申し込みが出来ない方】
shien.itckinki@gmail.comまでメールでお申込みください
(問合先も同じです、窓口はITC近畿会 支援委員 加藤 威)

       受付期限: 2018年08月02日(水)

【マルチエントリーポイントの適用】 
ITコーディネータ資格者には,  マルチエントリーポイント制度運用ガイドラインに準じ、3.5時間分(1.75ポイント)を付与予定(申請中)です。

申し込みは先着順となっていますのでお急ぎ申し込み願います。

当日の配布資料に
 ついて

セミナー当日の1週間ほど前に、近畿会のHP上に資料をアップロードし、
「セミナー資料準備のお願い」をメールでお送りします。
当日は資料を配布いたしませんので、参加者は必ず各自ダウンロード、
印刷を行う等のご用意をお願いいたします。

連絡先

ITC近畿会 URL:https://itckinki.jp/
担当:支援委員 加藤 威
shien.itckinki@gmail.com

]]>